遠い昔から存在するギャンブル

すべての文明に共通するものは多くありませんが、ギャンブルはその一つであり、人種、国家を問わず、人々は他に類を見ないこの刺激的な活動に没頭してきました。この記事では、世界中で最も人気の娯楽として不動の地位を築いたギャンブルの歴史を紐解き、その人気の要因を探っていきたいと思います。

古代エジプト 

著名な考古学者によると、ギャンブルの起源は古代エジプトにまでさかのぼれるといいます。戦車競争は滅多に行われませんでしたが、あらゆる職業や地位の人々が戦車競争に賭けることを喜びとしていました。大都市の市街では、そこら中で人々が様々な伝統的なゲームに興じたり賭けたりしていました。 

ローマ帝国 

コロッセオで行われる競馬や剣闘士の戦いなどのショーは、すべての古代ローマ人にとって生きがいでした。ショーが何であっても、あらゆる種類の胴元や賭けに没頭する人々がコロッセオを埋め尽くしていました。観衆は、勝ち馬に、剣闘士に、あるいは剣闘士の決闘相手に賭けました。有名な戦車競争者のガイウス・アプレイウス・ディオクルズは、歴史上最も裕福なアスリートだったと歴史家は繰り返し主張しています。噂によると、彼には自分の代わりに彼に賭けてくれる仲間たちがいたそうです。 

ペルシャ帝国 

ペルシャ帝国でもギャンブルは日常的に行われていました。ペルシャ帝国でポーカーが発明されたと主張する歴史学者や考古学者もいます。しかし、世界中の多くのゲームが現代最も有名なカードゲーム、すなわちポーカーと似ているため、この主張を証明することは、かなり困難です。あらゆる種類のギャンブルゲームに興じる人々が古代ペルシャの街角にあふれていたことは間違いありません。 

中世ヨーロッパ 

西はリスボンから東はモスクワまで、ギャンブル場のない中世ヨーロッパの大都市はありませんでした。中世は、まさしく現代のギャンブルゲームの大半が初めて登場した時代です。当初は単純なものでしたが、ここ3世紀でギャンブルゲームは飛躍的な進化を遂げました。私たちがカジノリゾートやオンラインベッティングプラットフォームを利用できるようになったのもこれまでの進化のお陰です。ポーカー、ドミノ、ダイスなどの多くのゲームが中世のフランスやドイツで初めて登場したというのは、ほぼ間違いないとされています。 

20世紀初頭 

20世紀初頭、世界はポーカールームやあらゆる種類のギャンブル場であふれていました。一部の国ではギャンブルが禁止されていたものの、アンダーグラウンドの世界では、ギャンブルが存在し続けました。著名な作家、俳優、歌手、そして政治家までもがギャンブル依存症だったことは広く知られています。 

現代のギャンブル 

最近は、世界中どこの都市にもポーカールームやカジノリゾートがあります。オンラインギャンブルプラットフォームも隆盛を極めています。世界各地のカジノ経営者があらゆる種類の策略を試みて新しい顧客の獲得を目指しています。公式統計によると、彼らは大きな成果を上げています。ギャンブルのスリルを味わうのに必要なものは、スマートフォンまたはタブレット端末と信頼性の高いインターネット接続だけです。 

ギャンブルの将来 

現在の傾向が続けば、ギャンブルは世界で最も急速に拡大する産業の一つになる可能性があります。より多くの人々がギャンブルのスキルを磨き、人気の高いすべてのカジノゲームを習得すれば、競争はますます激化します。ただし、この傾向の帰結を予測することはきわめて困難です。