Amorphous 2016.4.12 tue - 17 sun at super studio più milano

MESSAGEMESSAGE

AGC 旭硝子は昨年に引き続き今年4月にイタリアで開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ」に出展します。今年は「Amorphous(アモルファス)」というコンセプトの下、従来のガラスのイメージを覆す「軽やかで、自由で、表情豊か」なガラスの未来を「Dragontrail®(ドラゴントレイル)」をはじめとする当社の薄板化学強化ガラスで表現します。

当社の「Dragontrail®(ドラゴントレイル)」をはじめとする薄板化学強化ガラスは、現在は主にスマートフォンやタブレットPCなどのカバーガラスとして使われています。薄いガラスの製造過程で化学的な強度処理を行うことで、一般的なガラスよりもキズつきにくく、割れにくい特性が生まれます。この特性を活かして、当社では様々な用途に薄板化学強化ガラスの展開をはじめています。
ミラノサローネでは、一定の形を持たないガラスの分子構造“アモルファス”にインスピレーションを得て創り出した、従来のガラスのイメージを覆す「軽やかで、自由で、表情豊か」なガラス空間をお楽しみ下さい。

AGC 旭硝子は、建築用・自動車用・ディスプレイ用ガラスで世界をリードしてきました。ミラノサローネでは、新しいガラスの価値を提示します。この展示が、プロダクト・建築・インテリア・空間演出を手掛ける多くのデザイナーの想像と制作意欲を掻き立てていくことを期待します。

AGC 旭硝子

Welcome and thank you for visiting our Milan Design Week website.
We, AGC Asahi Glass, participate for the second time in Milan Design Week, one of the world’s largest design festivals held in Italy every April. This year, we use our Dragontrail™ and other thin, chemically strengthened glass for our unique glass installation titled Amorphous, showcasing a “light, flexible and expressive” glass world that will dramatically change the conventional image of glass.

AGC’s Dragontrail™ and other thin, chemically strengthened glass have been used mainly for the cover glass of smartphones, tablet PCs and other electric devices. The chemical strengthening treatment applied during the production process makes the glass more resistant to scratching and breakage than ordinary glass. Taking advantage of this feature, we are expanding the range of applications for this type of glass. Using such thin and strong glass at Milan Design Week, our “light, flexible and expressive” glass installation will definitely change the conventional image of glass.

AGC is a world leader in architectural glass, automotive glass and display glass. At Milan Design Week, we hope that our glass installation using Dragontrail™ will stimulate the imagination and inspiration of designers in the fields of architecture, interior design, product design and spatial presentation.

AGC Asahi Glass

ARTISTARTIST

空間デザイン / NOSIGNER / 太刀川 瑛弼 / Eisuke Tachikawa

ノザイナー
空間デザイン

Space Design

NOSIGNER はソーシャルイノベーションデザイン(社会や未来により良い変化をもたらすためのデザイン)を理念としたデザインファームです。 大きな問いを見出し、社会に必要な美しい関係性を設計できるチームでありたい。 そんな思いから、「見えないものをデザインする人」を意味する「NOSIGNER」として、デザイン活動を続けています。 グラフィック・プロダクト・空間などのデザイン領域にとらわれず、 ビジネスモデルの構築やブランディングを含めた総合的なデザインを手がけています。 また、経済活動としてのデザインのみならず、災害時に役立つデザインを共有する「OLIVE PROJECT」をはじめとしたオープンソースデザイン、 地場産業、科学技術、教育、サステナビリティ、文化交流などの分野で社会に意義のあるイノベーションを生み出しています。

NOSIGNER is a design firm that identifies challenges in society and brings innovative solutions in return. Just as our name “NOSIGNER” stands for ‘professionals who design intangible things’, we work beyond conventional disciplines for a more holistic design. Through our works, we aim to create social innovation in various fields, including local industries, technology, education, sustainability, cultural exchange and open source design.

空間デザイン / NOSIGNER / 太刀川 瑛弼 / Eisuke Tachikawa

代表 太刀川 瑛弼(たちかわ えいすけ)
慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。在学中の 2006 年にデザインファーム NOSIGNER を創業。現在、NOSIGNER 株式会社代表取締役。ソーシャルデザインイノベーション(社会に良い変化をもたらすためのデザイン)を生み出すことを理念に活動中。建築・グラフィック・プロダクト等のデザインへの深い見識を活かし、複数の技術を相乗的に使った総合的なデザイン戦略を手がけるデザインストラテジスト。その手法は世界的にも評価されており、Design for Asia Award 大賞、PENTAWARDS PLATINUM、SDA 最優秀賞、DSA 空間デザイン優秀賞など国内外の主要なデザイン賞にて 50 以上の受賞を誇る。災害時に役立つデザインを共有する「OLIVE PROJECT」代表。内閣官房主催「クールジャパンムーブメント推進会議」コンセプトディレクターとして、クールジャパンミッション宣言「世界の課題をクリエイティブに解決する日本」の策定に貢献。

CEO: Eisuke Tachikawa
Founding NOSIGNER while still a student, Eisuke Tachikawa is a design strategist who pursues a multi-disciplinary approach to design. Today, he serves as CEO of NOSIGNER, and strives to produce social innovation through his activities. He has provided a wide range of innovative design encompassing science and technology, education, local industries, and more.
Eisuke’s works have been acclaimed internationally, winning numerous global awards: Design for Asia Grand Award, iF Design Award, PENTAWARDS PLATINUM, SDA Grand Award, etc. He was also appointed as the concept director for the Cool Japan Movement Promotion Council by the Japanese government.
Alongside his career as a designer, Eisuke is a passionate educator. He inspires students through his workshops on “Grammar of Design” and advice on design and innovation.
Eisuke holds a Masters degree in Architecture from Keio University Department of Science and Technology.

ライティングデザイン / 岡安泉照明設計事務所 / 岡安 泉 / Izumi Okayasu

岡安 泉
ライティングデザイン

Izumi Okayasu
Lighting Design



ライティングデザイン / 岡安泉照明設計事務所 / 岡安 泉 / Izumi Okayasu

岡安 泉(おかやす いずみ)
1972 年神奈川県生まれ。1994 年日本大学農獣医学部卒業後、生物系特定産業技術研究推進機構、照明器具メーカーを経て、2005 年岡安泉照明設計事務所を設立。建築空間・商業空間の照明計画、照明器具のデザイン、インスタレーションなど光にまつわるすべてのデザインを国内外問わずおこなっている。
これまで青木淳「白い教会」、伊東豊雄「generative order-伊東 豊雄展」、隈研吾「浅草文化観光センター」、山本理顕「ナミックステクノコア」などの照明計画を手掛けるほかミラノサローネなどの展示会において多くのインスタレーションを手掛けている。
第20回 AACA 賞(最優秀賞)「当間高原リゾートベルナティオ La Sala / 鹿島建設」(2010)、Milano Design Award 2012 グランプリ 「パナソニック Photosynthesis / 平田晃久建築設計事務所」(2012)などその他多数受賞。

代表経歴
1972 神奈川県生まれ
1994 日本大学農獣医学部農業工学科 卒業
生物系特定産業技術研究推進機構、アイティーエル株式会社を経て
2005 岡安泉照明設計事務所 設立

Izumi Okayasu
Born in Kanagawa Prefecture in 1972. After graduating from the College of Bioresource Sciences at Nihon University in 1994, Izumi worked for the Institute of Agricultural Machinery and a lighting fixture manufacturer, and established the Izumi Okayasu Lighting Design Office in 2005.
Izumi undertakes both local and overseas lighting-related design work including lighting plans for architectural and commercial spaces, and lighting fixture design and installation.
Work to date has included lighting plans for Jun Aoki’s “White Church”, Toyo Ito’s “Generative Order- Toyo Ito exhibition”, Kengo Kuma’s “Asakusa Culture and Tourism Center” and Riken Yamamoto’s “Namics Techno Core” . In addition to these Izumi has also undertaken numerous installations at exhibitions such as the Milan Design Week.
Izumi has received numerous awards including the 20th AACA Award (Japan Association of Artists Craftsmen and Architects’ Prize for Excellence) for “La Sala at the Atema Highland Resort BELNATIO/ Kashima Construction” (2010), the Milano Design Award (2012 Grand Prix) for “Panasonic Photosynthesis/ akihisa hirata architecture office” (2012).

Personal History
1972: Born in Kanagawa Prefecture.
1994: Graduated from the College of Bioresource Sciences, Nihon University.
Worked for the Institute of Agricultural Machinery and ITL Corporation.
2005: Established the Izumi Okayasu Lighting Design Office.

CONCEPTCONCEPT

最先端の技術によって生まれた軽やかな存在感の薄板化学強化ガラスを約5千枚用いて、10 億倍に拡大したガラスの分子構造「アモルファス」を体感する空間を作り出します。

私たちの生活に身近なガラスの中にある、緻密で豊かなミクロコスモスを、最新のガラステクノロジーと光の演出によって表現しました。 空間に浮遊する薄板化学強化ガラスのひとつひとつに目を凝らすと、高度なテクノロジーによって様々な質感に加工をされた、表現豊かなガラスの姿に驚かされるでしょう。角度によって色彩が移り変わるガラス。鏡のように自分を映しながらも、向こうの景色も見せるガラス。光の像を映すガラス。この巨大な分子構造模型は、未来のガラス技術を詰め込んだショーケースでもあります。

軽やかで、自由で、表情豊かなガラスで作られた「アモルファス」のインスタレーションは、私たちに新しいインスピレーションをもたらし、自然科学と先端技術が融合する未来の可能性を示します。

At Milan Design Week, AGC Asahi Glass present a unique installation titled “Amorphous” where you can experience the amorphous molecular structure of glass in a model one billion times its actual size. Around 5,000 pieces of thin, chemically strengthened glass developed using AGC’s cutting-edge technology are used to create the “Amorphous” installation.

Glass is a material that you come across every day. The installation reveals the incredibly rich and complex microcosm inside glass using the latest glass technology and a beautiful interplay of light. As your gaze glides over each piece of thin, chemically strengthened glass dancing in the space, you will be amazed by its rich, expressive appearance, which comes from being finished with the latest technology to create a wide range of textures. Every angle reveals a different hue, and every surface beautifully reflects the light. Though you can clearly see your own reflection in it as though looking in a mirror, you can also see through it to admire the scenery on the other side. This gigantic model of glass’s molecular structure is a showcase filled with futuristic glass technology.

Made of light, flexible, expressive glass, the “Amorphous” installation will inspires us anew and shows us the future possibilities created through a synergy between natural science and advanced technology.

PLANPLAN

メインのガラスインスタレーションと展示コーナーで構成されています。

インスタレーション
一定の形を持たないガラスの分子構造(アモルファス)にインスピレーションを得て創り出されたインスタレーションで、従来のガラスイメージを覆す「軽やかで、自由で、表情豊か」なガラスを体験することができる空間です。

展示コーナー
「ガラス」という物質やガラスの技術について紹介しています。「ガラス」への理解をさらに深め、その魅力を再発見していただくためのコーナーです。

The exhibit consists of a main glass installation and a display corner

Installation
This is a “light, flexible and expressive” glass space, created through inspiration gained from the amorphous molecular structure of glass, and one which overturns the conventional image of glass

Display corner
This corner showcases the substance called glass, and glass-related technology. Its purpose is to help visitors deepen their knowledge of glass and rediscover its appeal.

PRODUCTPRODUCT

Dragontrail™

<薄板化学強化ガラスについて>
薄板化学強化ガラスは、一般的な窓ガラスとして使用されるガラスと比べ表面強度が高く、軽く、しなやかで、キズつきにくいガラスです。ガラスの製造過程で化学的な強度処理を加えることでこの特性が生まれ、化学処理を加えてもガラスの平滑度や艶やかさを保ちます。現在は、電子用途向け製品「Dragontrail®(ドラゴントレイル)」などが、スマートフォンやタブレット PC などのカバーガラスとして使われています。強度を増した「Dragontrail®X(ドラゴントレイルエックス)」や一般産業向けの製品をラインナップしています。

AGC’s Thin, Chemically Strengthened Glass
AGC’s thin, chemically strengthened glass has a superior surface strength, and is lighter, more flexible and scratch resistant compared to conventional glass used as ordinary windowpane glass. During the production process, this thin glass is chemically strengthened to make it more damage resistant, while remaining its flatness, smoothness and clarity. AGC’s thin, chemically strengthened glass product lineups include Dragontrail™, which is used mainly for the cover glass of smartphones, tablet PCs and other electric devices; Dragontrail™ X, which features increased strength, and glass products for general industrial applications.

Dragontrail™

Dragontrail™

詳細は下記製品サイト、PDFを御覧ください。
http://dragontrail.agc.com/
Dragontrail® (PDF)

Please refer to the following URL and PDF for details.
http://dragontrail.agc.com/
Dragontrail™ (PDF)

さらに今回は、薄板化学強化ガラスのカラー展開や、コーティング等の加工によるガラスの新たな可能性を展示しています。

At this year’s Milan Design Week, AGC also presents innovative products that open up new possibilities in glass, including thin, chemically strengthened glass in a range of colors, and glass processed with coatings, etc.

カラーガラス CARATONE® (カラトーン)

CARATONE™
― color glass ―

ガラス自体に色がついている、今までにない「新しい」カラーガラスです。
単色だけでなく、大理石をイメージしたマーブル模様もラインナップ。この薄く、強いカラーガラスは光を「通すタイプ」と「通さないタイプ」の 2 種類があり、デザイン性の求められる様々な用途での活用は期待されます。

This new and unprecedented colored glass is not color-coated―the glass itself is actually colored.
The product lineup includes not only monochromatic but also marbled glass. There are two categories of this thin yet strong colored glass, “translucent” and “opaque”, and there are high expectations for its use in a wide range of applications where stylish design is a priority.

Dragontrail™

詳細はPDFをご覧ください。
CARATONE® (カラトーン) (PDF)

Please refer to the following PDF for details. CARATONE™ ― color glass ― (PDF)

Dichroic mirror
(ダイクロイックミラー)

Dichroic mirror

特殊コーティングを施したミラーで、見る角度で色が変わります。特定の波長を選択的に透過・反射する特性を利用して、複雑な色彩表現を可能にしました。

Mirrors to which a special coating has been applied, causing their color to change with the viewing angle. Enables complex chromatic expression, utilizing the selective transmission and reflection characteristics of specific wavelengths of light.

Dragontrail™

詳細はPDFをご覧ください。
Dichroic mirror (PDF)

Please refer to the following PDF for details. Dichroic mirror (PDF)

透明ガラススクリーン Glascene® (グラシーン)

Glascene™
― transparent glass screen ―

ガラスに特殊な加工を施し、透明なガラスへの映像投影を可能にしました。使用していない時はふつうのガラス。周辺環境になじみ、空間に広がりを与えます。
また、投影時も透明性を維持。画像と背景を重ねて表示でき、デザイン性がアップします。

Glass is given a special treatment, enabling images to be projected on transparent glass. When not in use, it looks just like ordinary glass, blending into the surrounding environment and making the interior look more spacious.
Glascene™ remains transparent even during projection. This allows superimposition of projected image and background, opening up innovative design possibilities.

Dragontrail™

詳細はPDFをご覧ください。
Glascene®(グラシーン) (PDF)

Please refer to the following PDF for details. Glascene™ ― transparent glass screen ―

OUTLINEOUTLINE

タイトル
Amorphous(アモルファス)
日時
一般公開
2016 年 4 月 12 日(火)〜 17 日(日)6 日間
4 月 12 日(火)〜 4月15日(金) 10:00 〜 21:00 (業界関係者のみ)
4 月 16 日(土) 10:00 〜 21:00(一般日)
4 月 17 日(日) 10:00 〜 18:00(一般日)
プレスプレビュー
2016 年 4 月 11 日(月)15:00 〜 20:00
会場
スーパースタジオ・ピュー内 ギャラリー
Superstudio Più GALLERY
住所 : Via Tortona 27, 20144 Milano(トルトーナ地区)
会場スペース
約 250 m²
主催
AGC 旭硝子
空間デザイン
NOSIGNER(ノザイナー)代表 : 太刀川 瑛弼
ライティングデザイン
岡安 泉(岡安泉照明設計事務所)
サウンドデザイン
神山 健太
Title
Amorphous
Dates / Times
General Public
April 12 (Tue) – 17 (Sun) 2016 (6 days) (tentative)
April 12 (Tue) – 15 (Fri) 10:00 – 21:00 (Professionals only)
April 16 (Sat) 10:00 – 21:00 (Open to the public)
April 17 (Sun) 10:00 – 18:00 (Open to the public)
Press Preview
April 11 (Mon), 2016 15:00 – 20:00
Venue
Superstudio Più GALLERY
Address : Via Tortona 27, 20144 Milano (Tortona District)
Venue Space
Approx. 250 m²
Sponsor
AGC Asahi Glass (AGC)
Space Design
NOSIGNER (CEO: Eisuke Tachikawa)
Lighting Design
Izumi Okayasu
Sound Design
Kenta Kamiyama

PRESS KITPRESS KIT

プレスリリース・公式写真及び動画 こちらからダウンロードしてください。

Please click on each button below to download the press release, the official photos and movies.

  • PRESS KIT
  • PRESS KIT
  • PRESS KIT

PEPORTPEPORT

Photo by Akihide Mishima

画像は下記からダウンロードできます。
REPORT.zip

Please download the images from the following.
REPORT.zip

CONTACTCONTACT

AGC 旭硝子および製品に関するお問合せ先 :
AGC 旭硝子経営企画部広報・IR 室長 小林純一
担当 : 駒崎 / 宮川
Tel : 03-3218-5603
Email : milan.info@agc.com

Inquiries Concerning AGC and its Products:
Junichi Kobayashi, General Manager of Corporate Communications & Investor Relations Office, Corporate Planning Division, Asahi Glass Co. Ltd.
Contact persons: Tomoko Komazaki, Takuya Miyagawa
TEL: +81 3 3218 5603
E-Mail: milan.info@agc.com